フレキシビリティーに対するマントラ

Translation by: Mikako Mifajyar Mitani

私達が知るやり方は適合し、諦め、妥協すること ー
反発は団結、
社会のオントロジーが言う「吸収する力」。

Sara Ahmed論する、私達が吸収する力は、
「時にそれぞれのやり方によっ
て求めるものが腕対棒との関係性にまで減少してしまう。[…]
棒は要求の体現的象徴としても考えられ、それは支配によって命令されることである。」

「フレキシビリティー。」
「リゼリエンス。」
ことによってはやり方で棒が腕の面影に見えてしまう。

同種性の力は、人間にフレキシブルでなければいけないという危機感を生むことである。棒のように身勝手、
退屈な人も大事だが、それは個人であり断固
として堅いが言う:

「私に印象を押し付けてはならない。
フレキシビリティーを通して、
超越的偽りな海、空気、自由市場経済、そしてその他のシステムのモチーフ、表現とアイデンティティが、首位の下、
我を型にはめることを及ぼすよう誘ってはならない。」

あなたはアヒルに自分が親だと思わせたければ思わせられる、あなたは合わせれば愛されるかもしれないと思いたければ思えば良い。あなたは棒を通して愛を与えられても断ることが出来る。